【法務局への帰化申請手続】 帰化のご相談、帰化申請の書類作成はお任せ下さい!-神奈川県,横浜市,川崎市,東京都,東京23区
 
  東京都・東京23区・神奈川県・横浜市・川崎市の帰化申請は、行政書士みらい綜合法務事務所へ! 帰化申請・再申請・書類作成 みらい綜合法務事務所 電話:045‐542‐7812 受付時間:月〜金 9:00〜18:00  
みらい帰化申請サポートセンター【東京・神奈川・横浜・川崎】
http://e-kika.info
 
 帰化申請 TOP > 帰化許可後の手続・不許可後の再申請 

翻訳(Translation)

日⇒英語、日⇒中国語、日⇒タイ語などへの翻訳にご利用下さい(50ヶ国語以上)。



 送付先 事務所住所

〒223-0065
横浜市港北区高田東
     2-28-2-202
行政書士
みらい綜合法務事務所

TEL : 045-542-7812
FAX : 045-777-4835
受付: 9:00〜18:00

電車・バスでのアクセス
自動車でのアクセス




帰化申請 対応地域

【 東京都 】

東京23区、町田市、稲城市、調布市、府中市、三鷹市、多摩市ほか東京都全域


【 神奈川県 】

横浜市、川崎市、鎌倉市、逗子市、横須賀市ほか神奈川県全域



国家資格者による

安心サポート

行政書士は、外国人の帰化や入国管理局への申請などを行う国家資格者です。 皆様の大切な帰化の手続は、行政書士にお任せ下さい。


帰化許可後の手続

 帰化が許可されたときは、その旨が官報に告示され、帰化の効力は、官報に告示された日に生じます。 帰化が許可されたら、まず次の手続をしなければなりません。

電話番号・営業時間
 帰化許可後の手続
手続概要 【外国人登録証明書返納届】
 帰化が許可されると日本人になるため、外国人登録証明書を返します。 その際の手続が、「外国人登録証明書返納届」です。 外国人登録証明書返納届は、居住地の市区町村長に、日本国籍を取得した日から14日以内に提出します。

【帰化届】
 帰化が許可されると日本人になるため、新しく戸籍等が作られることとなります。 その際の手続が、「帰化届」です。 帰化届は、市区町村長に、1ヶ月以内に提出します。

【その他】
 帰化に伴う手続としては、その他に以下のようなものがあります。 帰化後もいろいろな手続が必要となりますので、効率よく手続を行うことが肝要です。

・印鑑作成
・日本国パスポートの取得
・法人登記の変更
・不動産登記の変更
・学校や勤務先への届
・運転免許証や営業許可書などの変更
・クレジットカード等の変更
・預貯金通帳等の変更
・各種契約の変更

帰化の不許可・再申請

 帰化申請をしたにもかかわらず不許可になった場合は、「不許可通知書」が送られてきます。 帰化申請が不許可になったとしても、再申請することができますが、 再申請をするには、不許可事由を把握することがとても大事になります。
 不許可事由が除去され、帰化条件が充たされたとときに、再申請を行います。 当事務所では、不許可後の再申請サポートも行っております。 お気軽にご相談下さい。

電話番号・営業時間
 帰化の不許可・再申請
手続概要 不許可通知書の受領

不許可事由の把握

不許可事由の除去

再申請

帰化許可

ご依頼から帰化手続完了までの一般的な流れ

 ご依頼から帰化手続完了までの一般的な流れは、以下のようになっております。法務局への帰化申請は、必ずご本人様が行って頂く必要がございます。申請の際には、行政書士が同行させていただきますので、ご安心ください。

帰化申請手続の流れ

 最初に面談させて頂く際には、以下の書類をご持参下さい。ご持参頂く書類のことで、わからないことがございましたら、お気軽にご連絡下さい。 土日祝日もご予約頂ければ、対応致します。

帰化面談の際にご持参頂く書類